2009年10月31日

ブラウンは1年契約?

スポニチに来期の監督になるであろうマーティ・ブラウンと球団との契約の話が載っていた。

なんでも2年契約だけど、Aクラスを逃せば1年でもクビに出来る契約内容になるらしい。
外国人の監督には通訳がいるとはいえ言葉の問題があるから反対なんだけど、これはさすがに厳しすぎるんじゃないかなあ。

これじゃあ選手を育成するとか出来ないじゃないか。
2年なら2年任せてやりなさいよ。
それとも外国ではこういうのって普通のことなんだろうか。

そんなブラウン新監督のことをカープファンの先輩に聞いたみた。
ブラウン評
・選手のことは怒らない
・基本ほったらかし
・左右病が酷い
・練習量が少ない
・100球で投手交代
・好調の選手がなぜか控え
・機動力野球大好き

左右病はムースにもあったけど、それ以外は真逆と言って良いくらいだなあ。
こんなんでイーグルスは大丈夫なんだろうか。

ほったらかしにされると、鉄平以外は練習量減るんじゃなかろうか。
特に若手が練習量減ると困るなあ。

100球で交替は喜ぶ選手もいそうだがw
それでも中継ぎ陣の不安定さを思うと、100球だから交替とかされると危ないんだよなあ。

機動力野球が好きなのは、案外イーグルスには向くのかもしれない。
なんせホームランが期待できる選手が少ないからねえ。
聖澤とか内村の出番が増えるんだろうか。

まあ色々と不安ではあるなあ。
posted by 伝衛門 at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選手の年俸を勝手に予想する1

今年のイーグルスの戦いは終わりました。
活躍した選手もそうじゃない選手もいますな。

そんなこんなで、独断と偏見で勝手に選手達の年俸を予想します。

まずは山崎武司から。
今年は142試合出場とチーム内で一番出場しましたね。
DHではありますが。
打率.246で本塁打39打点107ですか。
打率はまあ低いですが、本塁打と打点は素晴らしいです。
ただ得点圏打率がどーにもこーにも低かった。
.246です。
後半は打ってるイメージ強いんだけどねえ。
今年は18000万でした。
査定が辛い球団な印象なので、22000万と予想します。
個人的には3億でも良いくらいなんだけどねw

次は今年首位打者を獲得した鉄平。
132試合出場で、打率.327本塁打12打点76ですな。
本塁打がもう少しあれば良いのになあとは思いますが、かなりの活躍です。
鉄平がいたからこそ打線が繋がった。
そんな感じです。
そんな鉄平は今年5200万でした。
予想は約倍の1億。
個人的には3倍くらい上げてやってほしいんだけどね。

最後は福盛和男。
途中入団で、35試合登板7勝1敗10Sですか。
とにかく綱渡りな感じではありましたが、2位への躍進は福盛の成績があってこそでしょう。
個人的には横浜にいた時から綱渡りなんで、抑えで出てくると怖くて仕方ないんですがw
そんな福盛は今年1500万なので、4500万と予想しますか。
さすがに元が安いから3倍にはなるでしょう。
2倍とかだったら球団はかなり渋いです。

さて実際にはどのくらい上がるんですかねえ。
楽しみです。

とりあえず今日はここでおしまい。
posted by 伝衛門 at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年10月29日

今日のドラフト会議

夕方の16時55分からスカイAで放送していたドラフト会議を見た。

スポーツ紙なんかだと、菊池菊池となっていたけれど、個人的には将来の長距離砲として堂林が欲しかったので、なんとか指名してくれないかなあと淡い期待を抱いて見ていた。

見ていたが無念。
カープに2位指名されてしまった。
昨日カープファンの先輩に昨日堂林が良い選手だと言っていたのだが、まさかそのカープが指名するなんて!
まあ仕方ない。

スパルタ野村謙二郎がどう育てるのか生温かく眺めることにする。
これでたぶんその先輩も堂林にはそこそこ注目してくれるだろう。

で、イーグルスですよ。イーグルス。

今年のドラフトで獲得した選手は育成選手も含めて6人。
名前を書いていくと

1位戸村健次
2位西田哲朗
3位小関翔太
4位高堀和也
5位土屋朋弘
育成松井宏次

なんとなくだが、即戦力というよりは、将来性という感じで獲得したような気がする。
本当になんとなくだがw

1位の戸村は185センチ77キロとなかなか体格に恵まれている。
実際には1回しか見たことないけれど、フォークに切れがあるなあという印象が残っている。
もう一つなにか武器になる変化球を覚えたら良いピッチャーかもしれない。
特にイーグルスは若い球団だから、必ずチャンスは来ると思うので頑張れ!

2位の西田もかなり評価の高い選手だねえ。
サイクルヒットを記録したこともあるようで、アベレージヒッターなのかな。
高卒で入ってくるのだから、長い目で見ないといけないんだろうけど、なんとか2〜3年の間にホームランを20本くらい打てるバッターにならんだろうか。
それまでは山崎に頑張ってもらって。
守備位置が直人と同じみたいだから、大変だとは思うけど頑張れ!


3位の小関はキャッチャーだね。
どうもイーグルスはキャッチャーが多すぎる気がしないでもない。
ただ誰も突き抜けて正捕手という位置にいる選手はいない。
スローイングが良いことが書かれているけれど、そこはそのまま伸ばしてもらいたいね。
ところでリードやキャッチングはどうなんろうか。
今後の成長次第では、正捕手の座も奪える可能性があるのだから是非とも頑張れ!

4位の高堀はピッチャーだね。
ちょっと細い気がするけれど、プロの練習についていければ体格もだんだん良くなっていくんだろう。
個人的には、どうにもこうにも中継ぎが手薄なんで、どんどん成長してもらって、先発が1点でもリードを守って高堀に繋げればあとは大丈夫と思わせてくれるようなピッチャーになってもらいたい。
だから頑張れ!

5位の土屋は不勉強だから名前も知らなかったんだけど、さっき調べたら持ち味は気の強さを前面に出したピッチングとのこと。
これは将来の抑え候補か!
気の強さを前面に出すピッチャーは好きなんだよねえ。
野球の大半はピッチャーにかかっていると思っているようで、だからこそピッチャーは面白いと思っているらしい。
なら抑えだ!
抑え大事だ。
うむ、君は抑えだ。だから頑張れ!

育成の松井は育成選手だねえ。
イーグルスは育成選手でも、頑張れば支配下登録される可能性が強いし、チャンスも多いはずだから、早い段階での支配下登録を目指して頑張れ!

うーむ、書いてるうちにワクワクしてきたw
なんとか全員イーグルスと契約してもらいたいなあ。
posted by 伝衛門 at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年10月27日

フリーエージェント

こんばんは。
野球が終わってしまったので暇です。

暇なので、なんとなく今年のFA資格を取得した選手を眺めていたら、我がイーグルスにも数人いるではないですか。

高須洋介、藤井彰人、憲史、山崎武司、礒部公一、小坂誠

この中だと礒部が引退でコーチへというニュースを何日か前に読んだので除外なのかな?

個人的に今のイーグルスの選手たちが好きなので、一人たりとも出ていって欲しくはないのだが、FA宣言して出ていく選手はいるのだろうか。

大丈夫だろうと思うのは、山崎・小坂・憲史かな?
特に小坂は地元の球団に行きたいと言って移籍したきたはずだから大丈夫なはず。
よもや山崎がムースがいないイーグルスではやらない。引退する!とは言わんだろうし。
憲史もたぶん守備がアレだから平気だろう。

高須と藤井はどうなんだろうか。
高須は全く分からんのだけど、藤井は夏ごろにFAで出ていくんじゃないかという情報源の不明な書き込みは読んだけど。

岩隈は藤井の時の方がやはり良いと思うし、藤井にはいなくなられると困るかなあ。

ジャイアンツファンが高須を欲しがっているのを読んだけど、球団はどう思っているのだろうか。

やはり今の主力メンバーには一人もいなくなってもらいたくないなあ。

逆に誰かがFAで入ってくるのは・・・歓迎かなw
でも大物を取ると人的保証があれこれで・・・
う〜ん。

FAで補強するなら中継ぎピッチャーかホームランを打てる選手なんだろうなあ。
個人的には、常に打ちそうな気がして、敵として対戦すると嫌だから多村が欲しいんだけど、怪我ばっかりしてるから微妙ではあるなあ。
う〜ん。
posted by 伝衛門 at 21:26 | Comment(6) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年10月26日

うーむ、コーチ陣もクビかあ

ムースが辞めることになったのだから、コーチ陣も入れ替わるんだろうなとは思っていたけど、一気に8人もクビですか。
Bクラスに低迷したような入れ替え方じゃないか。

今年は打撃が良かったことが2位へ躍進した要因にあると思うから、打撃コーチは代えないで欲しかったな。

橋上ヘッドコーチがこんなことを言っている。

「球団がどういう考えか分からない。常勝チームを作るのか、経営優先か。経営優先の考え方は分かるが、それがファンに受け止められるのか。経営優先は選手も敏感に感じてしまう」

これは常々感じているんだよねえ。
まずは経営優先、黒字優先。
もちろん赤字じゃ球団の維持が出来なくなるから、黒字を目指さないといけないんだけど、あまりに露骨な経営優先はファンが離れる要因になると思うんだよなあ。

ちょっと違うのかもしれないけど、球団を持つってことは馬主が馬を持つのと一緒で、一つの道楽であったり、球団を持っているんだぞという名誉だったりするんじゃないかと思うんだけどねえ。

一つ良かったことは、佐藤義則ピッチングコーチが残ることかなあ。
奴なら青山を一廉の投手に育ててくれるはず!

こりゃもしかすると、今年の契約更改は一波乱あるんじゃなかろうか。
posted by 伝衛門 at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。