2009年09月07日

中村真人

なぜ長谷部が投げる時は負けないのか、悪運・日頃の行い

長谷部の早い交代には驚いたなあ。
まだ1点しか取られてないのに、スパッと佐竹に交代しちゃって。
結局そこでヒット1本で2点追加されたけど、佐竹はその1本だけで3回投げて、次の小山もナイスピッチングでね。
良いピッチングをすれば、やはり追いつくものなんだなあ。
同点で福盛投入で、四球二つだしたけど、なんとか0で抑えて、その裏に、2アウトから中村真人のサヨナラヒット。
あれは運が良かったなあ。
ただのセンターフライだもんなあ。
福盛も復帰後もう6勝か。
運が良いなあ。
何より運が良いのは、全然負けがつかない長谷部だよ。

この運の良さをプラスに考えてさ、思いっきり投げなさいよ。
逃げてるように見えるから、たぶんムースも代えたんだと思うし。
ベンチでむかついたような顔しててもどうにもならんよ。
そろそろ勝つんじゃないかと期待してるから、頑張ってよ。

で、明日の先発は岩隈かな?
オリックスにはきっちり勝っておきたいね。
posted by 伝衛門 at 10:42 | Comment(0) | 中村真人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。